建築はネットのみでマネタイズできるのか

パウレタさんの建築礼賛

月別アーカイブ:2016年11月

建築作品感想

豊島美術館~水滴のような環境体としての建築~

2016/11/18  

豊島(てしま)美術館は、瀬戸内海の豊島(香川県土庄町)にある美術館です。瀬戸内海の島々を舞台に開催された瀬戸内国際芸術祭のタイミングで2010年10月に開館しました。豊島はその名のおり、自然が豊かな島 ...

建築作品感想

ストックホルム市立図書館~本の大パノラマ!!~

2016/11/17  

この建築は、ストックホルムの中心部にあるオブサーヴァトリー公園という小高い丘のある大きな公園の敷地内に建っている図書館です。公園内を歩いていると、オレンジ色の丸い筒状のカタチをした建物が見えてきます。 ...

建築作品感想

光の教会~光と影によって浮かび上がる十字架~

2016/11/16  

光の教会。この建築、設計は言わずと知れた世界的建築家安藤忠雄氏。そのなかでこの作品の有名度は一番なんじゃないですかね。この光の教会という名称は通称で、本当の名称は日本キリスト教団茨木春日丘教会といいま ...

建築作品感想

カップマルタンの休暇小屋~巨匠が追求した最小限住宅~

2016/11/16  

フランスのニースから列車に乗って、地中海を眺めながらモナコを通り過ぎ、そしてトンネルを抜けるとカップ・マルタン・ロックブルニュ駅に着きます。そして駅からプロムナード「ル・コルビュジェ」を歩くと15分ほ ...

建築作品感想

トレド美術館ガラスセンター~ガラス素材の追求により発見したシャボン玉建築~

2016/11/12  

この建築は、アメリカ、オハイオ州のトレドというまちにある美術館別館です。トレドはもともとはガラス建材の工場で有名になったところで、そのトレド美術館は、ガラスアート、ガラス工芸のコレクションで有名な美術 ...

建築作品感想

マールバッハ近代文学博物館 ~敷地と建築と歴史の記憶との調和からの建築~

2016/11/12  

シュトゥットガルト郊外、ネッカル川の谷を見渡せる岩台地。その台地の上にあるマールバッハの観光公園には、近代文学博物館、シラー国立博物館、ドイツ文学史料館と、文学に関する施設が3箇所ほどあります。その中 ...

建築作品感想

メニル・コレクション美術館~木洩れ日のような光からなる美術館~

2016/11/11  

テキサス州のヒューストン郊外にあるこの建築は、油田探査の会社であるシュルンベルジェ社を経営していた実業家、ドミニク・デ・メニル夫妻の個人コレクションの収蔵・展示のために造られた美術館です。熱心な美術愛 ...

建築作品感想

豊田市美術館~日本のモダニズムを継承した建築~

2016/11/10  

この建築は、自動車のまち豊田市の中心市街地が一望できる小高い丘の上にあります。この敷地は、江戸時代末期に築城された「七州城」と呼ばれた旧挙母藩の城があった場所で、美術館の入口近くには復元された七州城の ...

ランドスケープ作品感想

星のや軽井沢~ランドスケープデザインが桃源郷をつくる~

2016/11/8  

星のや軽井沢は、大正10年創業の軽井沢星野温泉ホテルが100年余りの時を経てリニューアルしたリゾートホテルです。10年の歳月をかけて完成させ、オープン後の評判も上々とのこと。敷地は4.3ヘクタールもあ ...

建築作品感想

サン・クリストバルの厩舎~風土の色彩で構成されたランドスケープ・アーキテクチュア~

2016/11/4  

メキシコで最も有名な建築家ルイス・バラガン。彼の建築は、メキシコの強い太陽の光、そして乾燥した大地と青い空、そこに映える原色の壁の構成がかなりのいきおいで魅力的です! そのなかでこの「サン・クリストバ ...

Copyright© パウレタさんの建築礼賛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.