建築はネットのみでマネタイズできるのか

パウレタさんの建築礼賛

建築作品感想

十和田市現代美術館~まちを美術館にするための建築~

更新日:

この建築は、十和田市の中心部にある美術館です。十和田市というまちは、明治になって開拓されてつくられた歴史的なまちで、そのまちの街路がグリッド状に形成されています。そのまちの中心部に「官庁街通り」というとても美しい並木通りがあります。広々とした通りでとても気持ちがいい通りです。

しかしながらその通りは、近年の市町村合併や庁舎移転などによってビルがなくなっていき、空き地が歯抜け状態になっている状況となっていました。その通りのこわれつつある通りの景観どうやって再生するかという問題に対して市は、「官庁街通り全体を美術館に見立てる」というマスタープランをもとに、美術館をつくることを考えました。空き地に美術活動を誘致することによって、その街全体をアートによって活性化していこうと考えたわけです。

十和田市現代美術館は、プロポーザルコンペによって設計者が選ばれたのですが、その当時の期待の若手建築家が招待されました。このプロポーザルコンペは私もおぼえてますが、どの案も野心にあふれたおもしろい案でした。その中から選ばれた案は、シンプルな直方体の集合となっている建築群。つまり、建築ヴォリュームの箱がランダムに建っていて、それが細いガラスの廊下でつながっているという案でした。まるで双六みたいな平面でみるとすごろくゲームのようで楽しい!市役所など地域の主要施設が大通りに面している敷地に対し、まちに連続していく開放的な美術館。敷地に建物を配置するというよりは、通り沿いやまちのなか、交差点の一部として、美術館があるという発想です。これは面白い!

この美術館のアート作品は、自治体がクライアントとなり、アーティストに新作を依頼して制作してもらう、コミッションワークというものになっていました。よって、それぞれの作品に空間を要することから、展示室を作品ごとに独立させて、それらの空間がまちのなかにそのまま放り込まれるような表現となっています。直方体のプロポーションや開口の位置によって、それぞれのホワイト・キューブが、アートと固有の関係性をつくりあげています。カフェの床に描いた花柄のパターンや、エントランスホールの床にはったカラフルなテープなど、アートがインテリアとしても機能し、建築とアートが融合した空間になっています。また夜間のライトアップや外壁に描かれているアートは、そのアートによって建築の顔をいろいろもつことができる美術館にもなっています!

それぞれが、作品の大きさにあわせたボリュームの大きさになっているので、それぞれまちに方向を向いています。その配置されている光景は、まちの一部として、風景を通り沿いにつくりあげているかのようです。そして、建築とアートの関係性になにか親和性のようなものが生まれていました。こんなシンプルな美術館空間の考え方があるんだなあ。

しかも十和田市現代美術館を訪れて、アートが外から丸見えになっているのには驚きでしたね!前面にまったく塀がないので、道路の反対側からもよく見えます。屋内の常設展示は官庁街通りに対して大きなガラスの開口を持つために、ショールームやショーウインドーのようです。室内とはいえ、ほとんど屋外展示の感覚に近いのではないでしょうか。美術館の様子がまちのなかからも見ることができる様子は、アートでまちを活性化する構想にマッチしていますね!これが日常的にあるということは、まちの出来事そのものが美術館と連動するということになりますよね!これはいい!!

そして展示室をそれぞれはなして、透明なガラスの廊下でつなげることで、移動の際にまちの様子、外でなにか行われている様子をみたりもできたりできるようになっています。ただ建物のなかに作品が配置されている美術館ではなく、そこには、まちに配置された美術館であり、そのまざりあった場所がまちをアートにするということにつながっていくようにみえました。官庁街通り全体を美術館にするという都市計画的なアイデアに建築がマッチしています。この外と中との関係性が、展示空間とまちがまざりあう化学反応を起こして、明快なコンセプトをもった開放的な美術館になっています。

これ、いつか作品が増えたときにこの建築ボリュームが増殖するとおもしろいですよね!それができそうな建築のカタチだと思います。いつかそのホワイトキューブが追加されてまちに介入する姿を楽しみにしています!!

建築:十和田市現代美術館

設計: 西沢立衛建築設計事務所

建築作品をみた雑誌:新建築20085月号(p54-71

建築のある場所:青森県十和田市

-建築作品感想

Copyright© パウレタさんの建築礼賛 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.