展覧会録

建築の勉強の一部になるかなというのと、ちょっとした趣味みたいなものもふまえて、企画展や美術館に行ってます。もちろん、あたりはずれ、あうあわないがあるわけですが、そのなかで、これは良かった、感動したな、勉強になったなーというものをとりあげて、感想をつらつらと書こうと思います。

しかしながらアートの感想を文章で書くのは難しいな。

建築みたいな客観性がないから、それはもう自分の普段の教養として表現されてしまいますよね。でもあんまりそこを気にしないようにして、できるだけ自分の中で振り絞った言葉を書いていければこれもまた勉強になるかなと感じています。

でもそれは建築という意図とは違う、人がいればいる数だけ生まれる解釈のひとつとしてへたなりにも表現できればいいなあ、いやできていたらいいなあという思いで書いています。

う~ん。アートって難しさもあるけどそれが楽しいのかもしれないなあ。

展覧会録へ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする