法改正は目の前!ちゃちゃっと要領よく勉強して建築士の資格をとってしまおう!!

実はパウレタ、ばりばりの一級建築士です。
ただの建築好きではありません。

血を吐くような努力を重ねてあの資格をとってから、まあそれなりの年月がたったと思います。
以後、その試験勉強で大変だった時期を思いださまいと、実務や建築の素敵な部分ばかりを見、近年を平和に送っておりました。

そんななかこの年末、あるニュースを私は目にし、おおおい!と驚きました。
「建築士法の一部を改正する法律案」が国会で可決されたのです。

まあ、そんなことよくあるじゃん、と思う人もいるかと思いますが、

私が驚いたのはどんな内容なのか?!

建築士試験の緩和です!!!

この法案の提出理由としては、
〔最近における建築士をめぐる状況に鑑み、建築物の設計、工事監理等を担う優れた人材を継続的かつ安定的に確保するため、一級建築士試験、二級建築士試験及び木造建築士試験の受験資格を改める等の必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。〕※引用させていただきます
との文章が付されています。

つまりはその、近年、資格者不足が不足しているという状況に対し、打ち出した策なのだそうだ。

でも人口も減るから建築士も減っていくのはしょうがないんじゃないの?

なんて私は思ったりしましたがね。

何かどこかからの思惑もあるのかしら?

と汚い大人に成長した私は少しだけ思ったりもしましたが、まあいいです。
若い未来を担う建築士がいないのは国として悲しいことですので。

では、具体的にはどんな法案なのでしょうか?

まずかんたんに触れると、
「改正前に受験資格として扱われていた実務経験が、免許を受けるための登録要件と代わるのです!」
※試験合格の前後の実務経験年数も認められられるらしいよ。

■大学の建築学科で指定科目を修めて卒業すればすぐ一級建築士を受験できるようになる!

まじかよ!
大学を卒業した後、同年の一級建築士試験を受験できるようになるとのこと。
じゃあ、あれじゃないすか?
一発合格のために、時間のとれる学生のときに勉強たっぷりできる。
あれ?大学院に進学したらそこでとれちゃうかもしんないってこと?

■二級建築士はすぐ一級建築士を受験できるようになる!

これもまた!
二級建築士はこの資格をとってからの実務経験がなくとも一級建築士の試験を受けれるのはいいねえ。
ちなみに工業高校の建築科を卒業後、同年の二級建築士試験を受験できるようにもなるそうです。
え、ちょっと待って!たとえば、工業高校を出てすぐに二級建築士試験に合格した後、実務経験2年で二級建築士の免許登録すれば、最短20歳で一級建築士試験を受験かよ。そんで実務経験を4年でしょ?高卒でも最短24歳で一級建築士の免許登録だよ、ばんざーい!。
ってまじかよ。私の苦労を重ねたあの日々。。

そんなかんじで法律の施行も近々なるという話です。

うらやましい。この時代に学生だったらよかった。
でももうあんな勉強したくない。。

まあそんな感じでこれから建築士という資格がよりとりやすい時代になってくる、ということなのかしら。
でも質は落とさないようにしてほしいですね。
しっかり勉強してください!!

さて、こんなブログを書いてしまいましたパウレタ。
ここに訪れるブログのかたは、建築を志す学生や若いかたが多く訪問しています。

そこでだ!!
一級建築士をとったパウレタが、この資格をとる勉強のこつをここで時間がゆるすかぎり書いていこうではないか!
そう思っておるのです。

というのは、これから勉強する人たち、こつがないとお金と時間が無駄になっちゃいますよってこと。

よく建築士資格は
「足の裏の米粒」
みたいな表現をされます。

なきゃないで別にいいんだけど、ないと困る。
そんな資格。

試験勉強はテクニックです!
はっきり言って。

やっぱ実務は続けて体感していかないとなかなか会得できないよ!!

だから資格はさっさととっちゃってさ、仕事がんばってきましょ。

そういう応援をしていきたいと思っています。

あくまでも試験のポイントをここで教えることはしないです。
だってさ、それは教科書にしっかりまとまってんじゃん!

あくまでもパウレタが経験したこうしたら効率的だったなっていう、ほんと勉強のしかた。

それを教えていこうかなと思ってます。

さあ、毎年夏に憂鬱にならないよう、一発できめてまいりましょー!!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする