東光園~大胆な構造表現が織り成す日本的なモダニズム、そしてメタボリズムの具現化!~

鳥取県は米子市、美しい日本海に面した皆生(かいけ)温泉というところにある老舗の観光ホテル。その温泉街に入ると、まるで彫刻のようなその建物が、遠目に立っているのが見えます。松林の中にそびえるその佇まいはインパクトがすごいです!この建物は1964年、建築家菊竹清訓により設計され、かれこれ竣工後50年以上を経ている彼の代表作品であり、戦後の日本建築にとっても重要な意味を持つ作品となっています。

建物は地下1階地上7階建て。その外観は無骨でまるでお城、いや戦艦のようにも見えますね。なんとも圧倒的な存在感です。屋根のシェル、複雑なエレベーターや階段部分、上からつられている客室階など、いろいろな要素からなるボリュームがなんかもりだくさんに組み合わさっています。そしてそれらがアクロバティックな構造形式が建築の形態にそのまま表現され、日本の伝統的な鳥居というモチーフによって、意匠的に統合されています。そしてこの建物に採用された鉄骨鉄筋コンクリート構造がより躯体表現をできるだけすっきさせています。普通この構造は、コストが高くなるためので高層建築などの特殊な建物などに使用されますが、この規模で使われるっていうのはなんでしょう、時代なんですかねえ。ていうか、この建築をOKした経緯を知りたいですね。クライアントすごいな!

建築の内部に入ると、まずは凛とした緊張感のあるロビー。進行方向の視線の先には、少し沈みこんで配されたラウンジがあり、広大な日本庭園に開放的につながっています。天井高のあるロビー空間は、ピロティの形式を生かしたつくりとなっています。そのロビーにある1本の支柱と3本の添え柱、それをつないでいる貫(ぬき)の組柱。コンクリートで木造の貫を造ってしまっています。以前行ったことがある出雲大社みたいだな。コンクリート柱には細いリブの突起がついていて、それがまた柱の力強さを際立たせています。 これらは7階の大梁を支え、その大梁から客層階である5階と6階の床が吊られています。

建物は1階から3階までにはボリュームがあり、その上の4階部分は屋上庭園みたいなオープンな外部空間となっています。ピロティ?なんですかね。ピロティは普通は1階部分にあり、建築を地面から持ち上げることによってオープンなスペースをつくりだしますが、ここでは4階部分にもピロティを採用されています。二段ピロティです!そして上部の5階、6階部分は最上階である7階のボリュームから吊り下げられています。これによって空間は自由に間仕切り可能となり、梁が無いことから階高が低く抑えながら十分な室内高さが確保できます。そしてそれらを支える本柱の回りには、木造建築などでも良く見られる4本の添え柱を付け、力を分散して細い柱群として扱うことでそのプロポーションをスリムに保っています。

そして7階のレストランは、屋根のシェルが天井に表れている。 天井のシェル屋根の頂部には大きな天窓が明いている。3方に開放されており、見事な展望が開かれています。

菊竹清訓はメタボリズムという、スケルトン(構造体)には長い耐用年数を設定し、インフィル(内装・設備)には、適切な期間で随時更新できるようにすることで、建物が新陳代謝を繰り返しながら、その変化に対応してゆくという理論を展開した建築家です。もちろんこの建築にもその思想が表現されてのものです!さて、時代とともにこのホテルもいろいろと対応していくのは大変でしょうが、この建築を未来に継承できるように事業をがんばっていただけたらいいなあ。と思います。

建築:東光園

設計:菊竹清訓

建築作品を見た雑誌:新建築増刊 菊竹清訓

建築のある場所:鳥取県米子市

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする