親和銀行本店・懐霄館~異質な石、魅惑的な建築観、理解不能なり~

造船のまち長崎県佐世保市に拠点を構えている地方銀行の建物です。設計は「孤高の建築家」でおなじみの白井晟一。石や金属の素材をふんだんに使いながら、楕円形や曲線、そして凹凸のある造形は複雑で不思議な建築でありながらも空間に魅力的な美しさがあります。建築界においてもとても評価の高い建築だったようで、数多くの賞を受賞し、白井晟一の最高傑作との呼び声高い作品です。!

建築は、商店街アーケードに面した本店と、その裏にある懐霄館(かいしょうかん)と呼ばれるコンピュータ棟の2つ。本店は建物形状が複雑な上、アーケードに覆われてその全体像が把握しづらいのですが、じっくり見ていくとこれがまた細かいこだわり満載の個性的な意匠です。懐霄館の外観は、正面から見上げるとまるでサイロというか巨大な石の建物とでも申しましょうか。まあどちらの建築もまったくもって不思議な雰囲気と形態ということはお伝えできます。当時この建築が発表されたとき、建築界は騒然としたそうです。まあそりゃそうかもしれませんね。だってその当時をリードしてきたモダニズムの建築とくらべてそれがあまりにも異質ですもの。気になってしょうがなかったと思いますよ。

さて、親和銀行本店は第1期工事が1967年に竣工、増築となる第2期工事は1969年竣工しました。親和銀行本店の正面は、長い商店街アーケード街に面していて、外観が見える部分はその一部です。でも、見ると空間が異質なのでそこだけ特別感がでていますね。入口の右側に見える御影石の階段らしきものは装飾ですよね。たぶん目地割りあわせみたいな。狭くてのぼれるかーい!のぼっても行き止まりだしー。外観はトラバーチン大理石を2層目からのファサード全面に厚く使われています。一層目の御影石も、同様に厚くてそして粗いですね。建築が石の塊のような存在となっています。構造は、鉄筋コンクリート造の地上6階建てです。この円筒形部分が本店第1期工事の部分かな。それが巨大な円筒形のドラムを取り巻くように、キャンティレバーで持ち出されています。円筒形の内部は、4階に直行するエレベーターと待合を兼ねる吹き抜け空間になっています。しかし空間の展開があやしさあふれていてそれがいいわあ。空間になんだかよくわからない重さを感じます。

さてもうひとつ。懐霄館と呼ばれているコンピューター棟は第3期工事によって1975年に竣工しました。鉄骨鉄筋コンクリート造地下2階、地上11階建ての建物で、長崎産の諫早石による外壁はモニュメンタルですねえ。そのファサードは、両端から緩いカーブを描きながら中央に向かった形態をしていて、その中央部の1階には玄関が設けられ、その上にある中央の開口部は御影石のスリットとなっています。玄関の朱色の枠がアクセントになっていますね。もうなんかこれなんだろう。理解できないよお。主にコンピューター棟として機能するほかには社員用の食堂や集会室もあるとのこと。

どちらの建物も石にこだわったつくられていますね。その使い方が意味不明な部分もありますが、それがこの建築のあやしい美しさを引き立てているのはまちがいありません。真似できない個性があるよなあ。白井建築には。そんな長崎の佐世保にある親和銀行の一連の作品は、施主の強い想いによって、その当時の姿を留めているものが多いと聞きます。これはすばらしいことですよ。このあやしさを後世にまで残してください。と私からもお願いしたいです!!

建築:親和銀行本店・懐霄館

設計:白井晟一建築研究所

建築作品を見た雑誌等:白井晟一(鹿島出版社)、白井晟一の建築(めるくまーる)

建築のある場所:長崎県佐世保市

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする