東京国立博物館法隆寺宝物館~収蔵作品に対する畏敬の念、周辺環境に対する尊重~

この建築は、奈良にある、あの法隆寺から皇室に献納された貴重なお宝およそ300点が収蔵・展示されている建物です。以前あった旧宝物館では作品の保存の関係上、公開は週1日と限られていました。そこで、保存の機能を高めながら、その作品を広く一般の方々にも公開していきましょうとのことで、平成11年に谷口吉生設計による新宝物館がオープンしたわけです。この東京国立博物館の敷地内には谷口吉郎の設計した東洋館がありますよ。いやあ、建築作品の親子共演ですよ。すごいなあ!

建築家は、崇高な収蔵物に対する畏敬の念と、周辺の自然を十分に尊重するということに重点をおきながら、今の東京において貴重な存在となってしまった静寂、秩序、品格のある環境を設計において実現することを目指しました。親父さんの建築の存在もプレッシャー感じていただろうなあ。

博物館の正門を入り、左手奥に進んでいくと、上野公園の喧騒から解き放たれた静寂な空間となります。塀1枚でこんなちがうんですね。そして法隆寺宝物館は表慶館の裏にひっそりと建ってます。木々で視界が遮られた道を進んでいくと、あらっ、突然、建築はその姿を現します。御影石のアプローチ、そして手前に設けられた水盤の反射と噴水のリズムが来館者にやすらぎを与えてくれますね。宝物館の門構えの意匠は、これまた谷口吉生設計による傑作、「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・丸亀市立図書館」を彷彿させますよねえ。美しいその建築の姿は、思わず背筋をピンと伸ばし、そして襟元を正したくなる、品格のある佇まいとなっています。

この建築は、おもに3つの空間から構成されています。建物の正面と側面を覆うステンレスやスチールによる庇からなる空間、その中に配置された明るいガラスの透明な空間、そして貴重な宝物を収蔵・展示の役割を担うライムストーンで覆われた鉄筋コンクリートの空間です。和の表現がこんなにも現代的に洗練された建築ってあったでしょうか。日本建築と近代建築の美学が絶妙にマッチングしているんですよ!このデザインは、宝物を保護するのに用いられた伝統的な入れ子箱から着想を得ているとのことです。

館内に入ると、ステンレスのフレームにガラス張りの明るく開放的なエントランスホールが来館者を迎い入れてくれます。正面の大きなガラスからの光がやわらかく入り込み、ゆったりとした空間がそこにはひろがっています。それはまるで外部とつながっているかのような感覚のまま展示室にわれわれを誘導してくれるんですよ。展示室のある建物部分の外壁にはライムストーンが使用されていて、やわらかい色合いがと気持ちをおだやかにさせてくれます。これから展開する展示作品への期待感をふくらみますね。

展示室は、静寂の中でゆったりと貴重な美術品と向きあうことができる空間となっています。展示室は1階と2階のフロアで構成されていて、1階にはおもにに菩薩像、そして2階には絵画、書簡、金工などが展示されています。特に1階の菩薩像の空間がですね、もうほんと圧巻ですよ!照明が最小限に落とされたなか、像がガラスケースに1体ずつおさめられていてですね、その整然と並んだ姿は荘厳なオーラを感じました。その他、収蔵点数はあまり多くはないですが、鑑賞する量としてはちょうどいい感じです。ゆっくり落ち着いて鑑賞することができます。

素材を使い分け、奥の薄暗い展示室、そして対比された光に満ちたロビー空間。それらは丁寧に視覚的、感覚的に空間を分節していて、まさに建築家による「崇高な収蔵物に対する畏敬の念」があらわれた建築となっています。

建築:東京国立博物館法隆寺宝物館

設計:谷口建築設計研究所

建築作品をみた雑誌等:新建築

建築のある場所:東京都

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする