豊島横尾館~絵画表現を建築表現に置き換える!~

この建築があるのは瀬戸内海の豊島。2013年に行われた瀬戸内国際芸術祭にあわせオープンしました美術家であり、グラフィックデザイナーである横尾忠則氏の美術館です。美術館があるのはその豊島の玄関口となっている家浦地区。そこの集落にある3棟の古い民家を改修、増築してこの建築はつくられました。

展示空間は、既存の建物の配置を生かし、母屋、倉、納屋の3つから構成されています。そこに横尾氏の平面作品11点と、日本庭園の石庭と池及び円筒状の塔の中にインスタレーション作品が展示されているなど、その作品空間は敷地全体にわたっています。また町や建物が作品群となかなかいい感じにマッチングしていて、この場所でしか味わえない、新たな横尾作品の鑑賞体験ができます!

美術館に入ると入口に設置された大きな赤い硝子板がなんとも印象的ですねえ。空間を赤く染め上げているこの色合いがなんともグロいです。まあ、確かに彼の作品に通じるところはあるかもしれませんね。建築家は、横尾忠則作品に通底するテーマ「生と死」にフォーカスをあて、その境界となる表現としての美術館空間を提案しました。それは同時にアートと建築の新たな可能性を建築という表現によって探ることになったわけですね。この赤く染め上がった空間は「生と死」、「日常と非日常」を隔てる境界を演出するとの同時に、横尾作品を建築空間体験に変換しようとする意図をもっているんです。色彩情報を消す赤いガラスや明度を制御する黒いガラス、そして反射面としての効果を持つガラスなどなど、その様々なガラススクリーンを用いることによって、3次元である空間の中に絵画的な2次元的シーンを生み出そうとしています。それらは豊島の太陽の光とともに作品の見え方に変化を与えながら、空間体験を彼の作品に見られるコラージュ表現のようにつなげています。常に変化し、循環し続けるこれらシーンの蓄積がこの美術館の空間となるように考えたわけです。この3次元表現である建築を2次元表現の絵画に近づけようとする取り組みは、横尾氏からも高い評価を受けたといいます。

そのほかにも増築部分である大きな円塔の内部には、無数の滝がプリントされたタイルによって覆われていて、床面が鏡になっていますね。無限に続く井戸のように感じます。わかってはいるんですけど、足がすくみますね~。視覚ってこんなにも影響するんだなあ。

またこの建築を設計するうえではそのプロセスを大切にしながら、周辺住民に美術館を知ってもらうことだったといいます。 「美術館を地域に活力を与えるきっかけにしたい」という施主の要望から、イベントを通した説明会や参加型のワークショップを開催したとのことです。その動きの蓄積が島の文化を継続する力になるといいなあ!

建築: 豊島横尾館

設計:永山祐子

建築作品を見た雑誌:新建築20138月号

建築のある場所:香川県豊島

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする