PH5~黄昏のような光を追求した照明!~

ペンダント照明「PH5」は1958年の発売から、世界中で愛用されている傑作照明です。うん、確かによく街の素敵なお店などで使っているのを日本でも海外でも見かけます。

このPH5をデザインしたのはデンマークの建築家であるポール・ヘニングセン。彼はその生涯において、な、なんと100種類以上の照明をデザインしました。もう建築家の枠超えちゃってるし!その数多くの照明をデザインしたポール・ヘニングセンがそこで追求したのは、照明器具自体のデザインやフォルムにおけるバリエーションではありません。彼は、その照明が照らす空間をより理想的に見せる良質な光を目指していました。そんなポール・ヘニングセンが提唱した光の色、グレア、陰影などといった照明の光に対する数々の考察は、照明デザインの基礎として知られています。近代照明ともよばれているみたいですね!

さて、そのポール・へニングセンが、生涯に渡り探求したとされる「人と物、空間を美しく照らす良質な光」。それらを具現化するために生み出したPHシリーズという照明シリーズがあります。ちなみにPHの語源はポール・ヘニングセンの名前の頭文字からなっています。そのシリーズの中でも、1958年に発表されたPH5はとりわけ評価の高いもので北欧照明のアイコンとして君臨しています。

ヘニングセンはこの照明で、黄昏時の太陽の余韻からなる心地よさと感じる「あたたかみとさわやかさを併せもつトーン」の光をつくりだそうとしました。それは照明でいうところの、照明の光源を隠しながら光を感じるというなんともむずかしそうな方法でした。

PH5はそのネーミングのとおり5つのシェード(反射板)によって構成されています。 そのシェードの形状には、「対数螺旋」という巻き貝の独特なカーブを応用しています。これによって内部のシェードを絶妙に組み合わせることで、光源のまぶしさが効率的に拡散されてとても快適な光を生み出しています。どこから見ても器具内にある照明は見えないので、まぶしさを感じることがありませんね!そしてシェードは金属なのに光が透過しているような美しさです!光が自然なグラデーションで反射していますよ!!光を美しく感じるためには、陰影もいい感じで存在することが必要不可欠なんですねえ。

また、器具の内部は、太陽のあたたかみを持った赤色、シェードはさわやかな空の青色に塗られています。これによって白熱灯のもつ赤い光源を補正し、黄昏時の空のような光へと変換し、心地よいコントラストをつくっています。なんだかほっとさせますね~。直接光と間接光、そして陰影の絶妙な組み合わせと効率的に光の方向を導くことで、質の高い光が生まれ、人、物、空間を自然に美しく演出しています。それは美しく優しい明るさでした!その明るさは今も昔も共通。だからこそこのデザインは、今でも世界中で愛され使い続けられているのですね!

照明:PH5

デザイン:ポール・へニングセン

デザインをみた雑誌等:デザイン照明(Mook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする