スカイハウス~メタボリズムを体現した空に向かって建つ住宅!~

スカイハウスは1958年建てられた建築家菊竹清訓の自邸であり、そして戦後日本を代表する住宅建築とも言われています。

斜面となっている敷地に4本の壁柱によって立ち上がったピロティの上に、居住階が浮いているような独特の外観が印象的ですね~。この住宅の特徴的なところは、正方形各辺の中央に位置する壁柱で持ち上げているところにありますよね。1辺およそ10メートルの正方形の居住空間を、そのコンクリートの壁柱で、地上からおよそ5メートルほどの空中に持ち上げた構造になっています。屋根は寄棟型で、HPシェル構造を採用しています。床は格子構造となっています。

正方形ワンルームの居住空間には仕切り壁はありません。その四方まわりは廊下となっていて、キッチン、浴室、収納等が交換可能に取り付けられています。メタボリズム理論を提唱していた菊竹が、その自身の理論を自邸で体現したわけですね!「メタボリズム」とは何ぞやというと、建築を交換可能なシステムにして使い続けられるようにし、その存在を新陳代謝できるようにするという理論です。たとえば有名どころでいうとですね、黒川紀章氏の出世作、「中銀カプセルタワービル」なんかもそのメタボリズムの理論が用いられていますね。ホテルの宿泊室のカプセルが交換できるようになっています。

どうもすいませんでした。少し話がそれましたね。ではさて、実際このスカイハウスではその考え方がどう体現されているかというと、居住階の下部にあるピロティは、家族構成の変化に応じて居住階からカプセルを吊り下げるというかたちで増築が可能になっています。建築当初は、3階だけの生活でありましたが、その後ピロティのところには建築家自身の設計事務所が設けられ、そしてその後、事務所の移転を機に子供部屋のカプセルが増築されました。そしてそしてその後、設備の発展に対応してキッチンが中二階に移され、蔵書の増加に伴い図書を置く書斎が設けられ、個室の近くに主寝室が移されました。というわけです。

建築が、生き物と同様に成長していくことがこの作品で証明されていますね!まあ、何もないころのシュッと空に向かって居住部分が浮いているあの姿がスカイハウス!!!という感じでかっこいいですがね(笑)。

建築:スカイハウス

設計: 菊竹清訓建築設計事務所

建築作品を見た雑誌:CASA BRUTUS、新建築20125月臨時増刊 菊竹清訓

建築のある場所:東京都

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする