バルセロナパビリオン~「Less is more.」を結晶化した建築~

ミース・ファン・デル・ローエは、世界の各都市にある鉄とガラスの高層ビルオフィス・ビルのお手本を作り上げた巨匠建築家。つまりは現代の都市の風景をつくった偉大な建築家ですね。そのミースの設計により1929年のバルセロナ万国博覧会で建設されたドイツ館。通称バルセロナパビリオンこの建築は、当時万博会場であったモンジュイックの丘の麓に位置します。この場所は博物館や美術館が多く、現在でも観光客や地元の人で賑わっています。ちなみにこの建築、万博のために作られた仮設の建物だったため、万博終了後に一度取り壊されてしまいました。1986年に復元され、現在は「ミース・ファン・デル・ローエ記念館」として使用されています。

木々に囲まれた周辺環境に対峙してどこまでも徹底された建築の水平ラインは、神経質なまでに厳密な幾何学によって保たれているようにさえ見えます。外観の線と面からなる構成は、なにか抽象絵画をおもわせますね。でもなんか意外と周囲の自然と調和していますね。

この建築にはミースの理念が凝縮結晶化しています。鉄・ガラス・大理石から構成されるミースの格言Less is more.」の空間です建築の広さはおよそ300程度スペイン国王が来客名簿に署名する儀式のためだけに用意されたレセプション施設です。なのでかそうでないのか、この建築には、一体の彫刻と、自身がデザインした家具以外何もないです。トイレもキッチンもない。東屋(あずまや)みたい感じです。 当時のドイツを想像するに、戦後賠償のために厳しいインフレ状態が続き、経済が芳しくありませんでしたから、パビリオンの建設費も乏しかったのでしょう。そのなかで建築家は、石とガラスを構成した新しいスタイルで建築空間を造形しました。そういう条件や制約のなかで新しい表現が生まれるんですね!

大理石の壁と鉄の柱、そしてガラス。壁の上に乗る一枚の屋根。きわめて単純な構成です。一切の装飾を排除することで空間構成のみを抽象化しています。そしてその空間構成に大理石や水などの自然素材を用いることで、より空間と素材の関係が明快なってます。またガラス開口が建物の内部と外部を繋ぎ、周辺環境との関わり演出しています建物は地面から1.5メートルほど上がった大理石の基壇の上に建っていますが、建物の内外を区別することなく、同じ素材の大理石が使用されているため、建物の内部と外部の境界が曖昧になっています。

パビリオンに入ると、いきなり赤い縞瑪瑙(オニキス)の壁があります。この色はものすごい存在感ですね。 ロビーにあるミースが設計したバルセロナチェアはこのパビリオンのために設計された椅子です。むき出しの美しい曲線を描くフレームに革のクッションという、シンプルでクールなデザイン。それはデザイン性だけではなく機能性もそなわっていて、現在でも世界中で愛されているモダンデザイン家具の傑作となっています。しかも家具の配置その場の空間軸を構成しているんですよね。

から内部まで水平に伸びる屋根、そこからなる軒天井も特徴的です。白い天井が、すっきりと内部まで一体の一枚板で入り込んでいます。この屋根を支えているのは、十字断面をもつ細い鉄骨柱。十字である見掛けを細くすることで鏡面のサッシのようにも見え、その存在を目立たないようにしています。柱が目立たないので、屋根は石の壁の上に軽く載っているような、空中に浮かんでいるような印象を与えます。

広場に面したガラス窓石壁、全て床から天井まで一枚で立っています。入口の向こうに見え 浅く水が張られた水盤がとても美しいですね。水盤の底には玉石が敷き詰めてあります。抽象的な空間のなかにある裸婦像の彫刻。このポーズが映えますね。これは空間からみたアイストップになっていますね。室内と中庭の間にはガラスのスクリーンのみでドアはありません。 内のような外のような、連続した空間になっています。 屋根スラブの上に小さなトップライトが見え、光壁に光を取り込んでいます。

一枚板の軒天井屋根、大理石の板壁、板構成のガラスサッシ、床、池、そして消える柱、全ての建築部品が最高度に抽象化されている建築。建築というよりは、モニュメントといった方がふさわしいですね何かこの曖昧な抽象的空間は日本的にも見えるなあ~。

スペインの大建築家アントニオ・ガウディが有機的な多くの作品を残し、高い評価を得ているこの地バルセロナ。そこにその対極ともいえるミースのこの作品。両者の作品は、絶妙な対比を見せて、バルセロナの街をさらに魅力あるものとしています

建築:バルセロナパビリオン

設計:ミース・ファン・デル・ローエ

建築作品をみた雑誌等:GA75

建築のある場所:スペイン、バルセロナ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする