ヘルシンキ現代美術館キアズマ~都市、人、光の交差点~

この建築は、フィンランドの首都ヘルシンキ、その目抜き通りとして人々に知られているマンネルヘイム通りにある現代美術のための美術館です。フィンランド・ナショナル・ギャラリーにあるコレクションのうち、現代美術作品を主に収蔵・展示をしています。現代美術に関する教育や普及を図るほか、市民の憩いの場、待ち合わせ場所、美術体験の場としてのプログラムも持った建築となっています。「キアズマ」は交差地点を意味する “chiasm” に由来するそうです。

美術館敷地の周辺には国会議事堂や国立博物館、サーリネン設計のヘルシンキ中央駅、アアルト設計のフィンランディアホールなどヘルシンキの主要な建築が集まる中枢的エリアにあります。 う~ん、よだれがでるような建築ばかりだ!それにしてもフィンランドは建築のレベルがすごいですね。そんな敷地に対して、この建築は1993年の国際コンペで選ばれた米国人建築家スティーブン・ホールによって設計され、1998年に完成したわけです。

建物は都市のある南側から風景をながめることができる北側に向かって配置されています。建物が都市の風景の幾何学とからみあうことをコンセプトとして、建物の外観は都市と風景を反映して設計が進められました。敷地周辺がつくりあげる地域性を考慮に入れ、さらにボリューム制限が課せられたこの困難な計画を進めていく上で、建築家は独自のコンセプト「キアズマ」を打ち立てたわけです。 建築家はその「キアズマ」という考え方に沿いながら、建築と周りの景観、建築と人、建築と芸術作品といったそれら様々な要素を見事に交差させた美術館としてつくりあげていったわけです。プレッシャーかかっただろうな~。

建物はやや弧を描いた細長い建物で、左右非対称の建築構成が特徴的。不規則なんですけれどもその造形のバランスはいやまさに絶妙!その美しい建築造形は、ヘルシンキの太陽軌道に基づいたカーブを描きながら、緩やかな弧を描くチューブを切りっ放しにしたように見える北側ファサードまでひと繋がりとなっています。

もう一方のヴォリュームは矩形状で真っ直ぐに伸びていき、メインヴォリュームに交差貫入していきます。まるでがっしりと腕を交差して組んでいるようです。そして2つのヴォリュームに挟まれてくぼんでいる中央部分がエントランスホールとなっています。そこを入ると、天井までの吹き抜け空間がでむかえてくれます。その空間は、明るい壮観な光景が広がり、両側のヴォリュームと相関しながら、エントランスを中心として左右の展示室を回るような感じになっています。緩やかなスロープで展示室間を巡ってゆく構成が、空間を散策するようでとても楽しい 。

その内部空間はというとですね。まあ、もう、なんか、光の感じがすごい!この建築家が光の魔術師と呼ばれるのもなっとく、うなずけますね!美術館としてはめずらしくたくさんの自然光を内部空間に多く採り入れています。高緯度で横から陽が差し込むため、それに合わせて開口を設置してあるようです。ヘルシンキの特徴的な要素、、北方高緯度地域特有の横から差し込む水平な自然光が空間を演出するために折り込まれているのです。展示空間全てに自然光が入るよう計画されています。

動線計画は人々がそれぞれ好きに選択できる動線となっています。部屋はカーブのかかった空間によって一つとして同じ形態のものはなく、建物の一部がそのゆるやかなカーブによって、部屋のかたちや大きさにわずかな違いが生まれ、それによって自然光はさまざまなかたちで空間を演出しています。たとえば最上階である5階の大展示室を見ると、低い角度から入ってくる光を誘い込む様に大きな弧を描く建物外形に沿った天井とダイナミックなトップライト。一見まっすぐに見える壁も、外形に寄った緩い曲面を描いています。

この建物の非対称性は、一続きの空間として人々に動きをもたらしているんですね。そして建物の反りからなるカーブ空間は、その曲面がギャラリーとなり、光と空間の連続性を生んだ、なんとも説明がつかない不思議な空間をつくりあげているんです。そんなダイナミックなフォルムの中に繊細さがあるんですよね。うーん、おなかいっぱい!周辺の大建築に負けず劣らずの傑作になっています!!

建築:ヘルシンキ現代美術館キアズマ

設計:スティーブン・ホールアーキテクツ

建築作品を見た雑誌:a+u 、ルミノシティ・ポロシティ(TOTO出版)

建築がある場所:フィンランド、ヘルシンキ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする