阿品の家~透明によって包み込まれる神殿~

最初見た感想はまるで神殿のような住宅だ。そう思いました。なんでそう思ったのだろう。

この建築がある敷地は郊外にある静かな分譲住宅地の中にあります。おそらく周辺は区画ごとに分譲されてしまうから変化の予測がむずかしい。今見えている景色はもしかしたらその眺望としてはおそらく永遠ではないと建築家は考えたわけです。

敷地と道路には高低差があります。駐車場は道路と同レベルに設けられています。そこから1階、2階へと折り返すスロープによって空間連続していて、敷地形状がそのまま生かされた建築構成となっています。建築は中庭を囲む空間となっています。中庭はコの字型をつくり、その中庭を中心に主な部屋が分散されています。しかしながら建築家はただ囲って中庭のある住宅をつくってはいません。建築の外周は美しいコンクリート壁がいくつも自立して配置され、弧を描いた軽やかな屋根がかけられています。そのため、外周には閉鎖的な壁が立ち上がっているのですが、スリットの窓が入っていて何枚もの自立した壁で構成されています。レベル差のある敷地形状を活用しているため、外観は高さが抑えられているように見え、コンクリートの重厚感が軽減されていて、建築の構成が軽やかでシンプルに感じるんですよね。中庭側はガラスを多く用いられていて、内部と外部が連続した空間をつくりあげています。この空間の囲いかたが、なんともやわらかでありながらストイックなのだ。う~ん、うまく言葉で表現できているだろうか。

その連続した透明なまでの内部空間は、極限までに部材や部品を少なくした表現によって、建築のもつ重さと軽さが緊張感とバランスで絶妙になりたっています。あくまでも空間は最小限な空間を構成する要素で最大限の空間をつかみとろうとする意図が読み取れます。そこにはディテールの緊張感によってより際立っているようにも感じます。建築の透明さというものとディテールの検討と材料の構成によって追求した空間となっています。敷地が空間に覆われて豊かに内部空間を獲得できています。そのような透明な自由さを住宅空間で獲得できないかと建築家は考え抜いたのです。その建築家の想いが細部にやどっているのです。その積み重ねによって、建築はまるで透明と浮遊感をただようものとなっています。空間はより透明で多くの量を獲得できる。それは最小限の建築でとてつもなく大きな空間を獲得しているからであると思います。

中庭には囲うことで見える自然要素があります。それは水盤はうつる空の青さであったり、表面の水面をうつす風であったりします。何ものにもじゃまされないような静かな空間の完結性、自然要素が可視化することでひろがる空間の曖昧さが、よりこの住宅を言葉以上の透明さにつつみこんでいると思います。神殿のように見えたのはそのせいなのでしょうか。

建築:阿品の家

設計:村上徹建築設計事務所

建築作品を見た雑誌:新建築住宅特19908p37-46

建築がある場所:広島県

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする